ワーキングホリデーにおすすめのクレジットカードと、賢い使い方とは?

出張や旅行、留学などといった様々な事情で海外へ行く人が大勢います。

その際に、クレジットカードをあらかじめ用意して持っていくことができれば、生活のしやすさが大きく変わります。とくに海外に滞在しながら就労や就学、旅行をすることができるワーキングホリデーを行うとなると、数日間ではない長期の滞在となるので、その重要性は増していきます。

どのようなクレジットカードをもっていけばよいのかということを知っておくことは、その後の生活を左右します。

そこで、この記事をお読みいただくことで、自分にぴったりなクレジットカードは何か、また賢い使い方は何か、といったことを紹介していきます。

 

クレジットカードは、実はそのまま海外でも利用できる

日本において発行しているクレジットカード会社のクレジットカードは、日本国内でしか使うことが出来ないと考えている人もいますが、そんなことはありません。

クレジットカードは、海外の店舗においても使用することができます。もちろんマイナーな会社のクレジットカードであり、海外店舗で取り扱いをしていない場合は使用することもできませんが、シェア率が高いクレジットカードであるならばおおよその場合、使用可能です。

海外で使用することができるかどうかを見分けるためには、クレジットカードに記載されているロゴマークで見分けることができ、ビザ、マスターカードといったロゴマークがあれば、ほとんどの場所で使用可能なため安心です。

ただし、海外でクレジットカードを使用する上での注意点としては、支払い方法が限られているということです。日本においては一括払いや分割払い、リボ払いなどと様々な支払方法を選ぶことができますが、海外においては一括払いかリボ払いかの2択になります。

現金を持って行けばクレジットカードを持っていく必要がないと考える人もいますが、様々な面を考慮してクレジットカードの使用がおすすめされています。

例えば、海外において現金を持ち歩くことは、防犯面の考えからおすすめされません。

また、両替所を見つけてそのつど両替することは手間となります。

さらに、両替所でレート通りに両替される可能性、手数料を考えるとクレジットカードを使用する方がお得ということが可能です。

 

強いて言うならば「海外旅行傷害保険」が付いているもの

クレジットカードには様々な種類があります。多くのものが海外においても使用することができますが、海外でも使用することができるクレジットカードならば、どのクレジットカードでも良いというわけではありません。

選ぶ際の基準というものがあり、その一つが「海外旅行傷害保険」が付いているかどうかということです。クレジットカードには付帯保険というものが存在しており、海外旅行時の事故や怪我を保障してくれる保険が海外旅行傷害保険です。

保障額や保障内容はクレジットカード会社によって異なりますが、ワーキングホリデーや海外旅行などを目的としてクレジットカードを契約するのならば、必須の項目です。

また、保険の内容にも注意する必要があり、単純に最高額がいくらかどうかを見て決めてしまうと役立たないこともあります。最高額の記載は、多くの場合では死亡後遺障害に支払われるものです。

ワーキングホリデー時に必要となる保険内容は、怪我や病気をした際の医療保険と他人に怪我をさせてしまった・何かを壊してしまった際の賠償責任に関わる保険なので、これらが手厚く設定されているクレジットカードを選ぶことがおすすめです。

また、保険にもいつ適用されるのかによって分けられていることがあり、自動的に保険が付帯する自動付帯と現地到着までの公共の乗り物を対象とした利用付帯のいずれであるかを確認することも必要です。

 

ワーホリにおすすめのカード一覧

ワーキングホリデーに最適なクレジットカードはいくつかあります。

一つ目がエポスカードです。年会費無料で18歳以上であれば申し込みができるカードであり、最大の魅力は海外旅行傷害保険が自動付帯で着いていることです。起こる確率の高い病気や怪我に高い保険が適用されるほか、病院の手配から治療費まで一切現金で支払うことなく立て替えてくれます。また、レストランや観光の無料予約や免税店での割引も受けられます。

学生ならばライフカードの利用もおすすめされています。高校生を除く学生専用のクレジットカードであり、海外旅行傷害保険が無料でつくほか、学生専用の問い合わせ口もついている、学生に非常にお得なクレジットカードです。

さらに、最も活用されているクレジットカードは三井住友VISAカードで、海外においても広く使用されております。また、年会費が無料となり、ステータスも高い上に、様々な海外サポートがついています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です