人見知りが留学で克服できる理由とは?

日本人の多くは人見知りだと言われており、初めての人となかなかうまく会話できない、仲良くなれないと悩んでいる人は少なくありません。

そのため海外の人たちの社交性の高さを羨むと同時に、海外留学に対するハードルを高く感じてしまうという人も多いようです。

実はそんな人見知りを抱えている人たちは海外留学で人見知りを克服できると言われているのですが、今回はその理由について解説します。

 

人見知りだと留学が不安ですよね・・・

人見知りとは簡単に言ってしまえば、口下手でおとなしい人や人付き合いがうまくできない性格や気質のことを指します。

生来の気質として抱えている人もいますが、人見知りの多くは「対人恐怖症」や「自分に自信がない」などの理由で相手に気を遣い過ぎてしまったり、遠慮してしまったりすることが原因だと考えられているようです。

人見知りを抱えている人にとって同じ日本人を相手にするのも緊張してしまうという人は多く、相手と気軽に話ができるようになるのも時間がかかってしまいます。また、海外の人を相手にすると余計に緊張してしまうため、海外留学に憧れを抱いていても実際に留学することに対して不安を抱えている人は少なくありません。

特に海外留学の目的は語学勉強がメインとしている人は多く、ネイティブの発音や英会話を身につけるためには現地の人たちとのコミュニケーションは必須です。

人見知りだからと言って現地の人たちとのコミュニケーションを取らないようにしたり、話ができるまでに時間がかかったりしてしまうとせっかくの留学も無意味になってしまいます。

そのため、人見知りを理由に留学を躊躇してしまったり、不安を抱えてしまったりする人は多いとされています。しかし、実際には、人見知りを抱えている人にこそ留学は克服できるチャンスとしておすすめされているのです。

 

留学で人見知りが克服できる理由

なぜ留学をすることで人見知りが克服できるのかというと、いくつかの理由があります。

その中でも意外な理由として挙げられているのが、「海外では日本語が通じない」という理由が挙げられています。ハワイなどの一部の国では日本語を話すスタッフが多いので日本語が通じる環境が整っているところもありますが、基本的には海外の人には日本語でのコミュニケーションは通じません。

そのため英語ができない人は言語以外の身振りや手ぶりなどで自分の伝えたい内容を伝える必要があります。まして旅行ではなく留学となるとコミュニケーションができなければ生活もままならないのです。

しかし、このような状況に自分を追い込むことで嫌でもコミュニケーションを取るようになり、自然と相手と接する機会も増やせるようになります。

ちなみに海外では言語以外にも身振り手振りを使ったコミュニケーションは珍しくないので、自然と受け入れてもらえるところも理由の一つと言われています。

また「海外の人は気さくな気質の人が多い」ところも、人見知りを克服できる理由です。日本人同士だとお互いに気さくに話しかけるというのは難しいですし、相手が人見知りだと分かると距離感やコミュニケーションも遠慮がちになります。

そのため、なかなか人見知りを克服することが難しいのですが、欧米人を中心とした海外の人は気さくな気質の人が多いため人見知りであろうがなかろうが遠慮なくコミュニケーションを取ってきます。

さらに彼らは真剣に相手の目を見て話をしてくれる人が多く、どんなに英語が下手でもコミュニケーションがうまく取れなくても真摯に向き合って話を聞いてくれる傾向があるようです。このため人見知りの人でもゆっくり落ち着いて話ができるようになりますし、「自分を受け入れてくれている」と思えるようになります。

これが人見知りを克服するための重要なきっかけとなるので、日本人同士ではできない人見知りの改善に効果が高いと言われているのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です