留学のための貯金のコツを公開!まずはいくら貯めるか計算しよう!

留学に必要なまとまった資金を自力で準備するためには、コツコツと貯金することが大切です。

ただ、コツコツ貯金はとても難しいものです。地道な努力が伴い、ともすれば途中で断念してしまうリスクがあるため、誰でも無理なく続けていける方策を持つことが必要です。

そこで、この記事ではどのようにお金を貯めていけば良いのか、気軽にできる貯金のコツを詳しく紹介していきます。

 

貯金においていちばん大切なのは「目標」です

貯金においては適切な目標設定をすることが最も大切です。

「○月までに、●●円を貯める!」

といった目標です。いつのタイミングで留学をしたいか、1年後なのか5年以上先なのかで準備期間が異なります。どこに、どれぐらいの期間留学したいかによっても留学費用が大きく変わります。

また、留学費用には、入学金や教材費などの学校に関係する費用だけでなく、渡航費やビザ取得諸費用、海外留学生保険など現地で生活するための費用が多くかかります。

現地でアルバイトができる場合は費用を少なく見込むこともできますが、余裕のある留学生活を送るために目標資金を高めに設定するのが無難です。

 

定番は「リゾートバイト」「海外インターン」「英語が必要なアルバイト」

リゾートバイト

リゾバ」とも略されるリゾートバイトとは、沖縄や北海道などいわゆるリゾートと呼ばれる地域の観光施設や商業施設で働くことを言います。無理なく楽しく貯金するための定番の一つです。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの数日間から、2シーズンをまたいだ半年間以上まで募集案件によって期間が異なります。

一般的なアルバイトと異なる点は、住み込み生活が基本で食事や住居など生活費の心配がいらないことであり、給料がそのまま貯金に充てられることが魅力です。また、そこでできた友人とはかなり親密な仲になれるので、楽しみ目的でリゾートバイトをする人も多いです。

 

海外インターン

また、海外インターンシップも定番の一つに挙げられます。最短で2週間程度から、各国のビザ規定に応じて1年半程度の長期案件まで大企業を中心に多くの募集が出ており、一部の例外を除き毎月報酬が支払われます。

インターシップのポジションにはツアーコンダクターやホテルフロントなど、高い英語力を求められる場合もありますが、募集内容によっては英語力がなくても参加が可能な案件も存在します。

 

英語が必要なアルバイト

その他にも、留学に備えるための準備として、英語が必要なアルバイトを選択するという方法もあります。英語が必要なアルバイトでは、もちろん英語力も伸ばせますが、やはり給与が高く設定されていることも多いです。

そのため、留学のための貯金にはうってつけなのです。

外国人観光客が多く集まるレストランなどの飲食業では、接客を通じて外国人とのコミュニケーションを図ることができます。訪日外国人の増加に伴い、アパレルやファッション業界でも需要があります。マニュアルに沿って接客作業を行うため、英語力が身に付きやすいのがメリットの一つです。

 

家計簿アプリで節約上手に!

家計簿をつけることで、お金の収支が見えるようになるため、結果として節約効果が表れます。毎日の記帳が面倒になって途中で挫折してしまいがちですが、手軽に使える家計簿アプリが節約に関する悩みを解消してくれます。

MoneyForward(マネーフォワード)

家計簿アプリの一つである「MoneyForward」では、「理想の家計データ」という機能が実装しており、家族構成や年齢層、住居エリアをもとに黒字化に成功している家計データを提供しています。

理想の家計データと比較することで、支出の多い費目は何かが分かるようになり、節約ポイントを意識することができます。

Moneybook(マネーブック)

シンプルなデザイン構成を追求した家計簿アプリ「Moneybook」もおすすめです。非常にシンプルなデザインが特徴で、説明書なしで簡単に使うことができます。

使った金額を分析する機能が実装しており、アニメーション化したグラフで表示されるため、楽しく分析しながらストレスなく家計の見直しができるようになります。

利用するのにユーザー登録が不要なのも嬉しい要素の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です